So-net無料ブログ作成

京都を旅する犬/平野神社編 [犬]

昨日は雨が降る前にと花見へ行ってきました。
一度行った事があるはずなんですけど、
どんなところだったか思い出せない平野神社です。

鳥居JPG.JPG

前の確実に変わっている事は、
パグのぴーたんを連れての事でした。
神社によってはお犬さまNGの寺社仏閣もあるので
犬立ち入り禁止の看板がないか、
よく確認して、、、。
チワワ連れの人がでて来はったので
良かろうといざ境内へ。
(今、マナーを調べてたら犬へけがれているので境内へ連れるのは好ましくない
ともご意見もあります。あしからず)


参道.JPG


まぁ、平日ですけど人が多いですね。
外国からの観光の方も多いのですけど、
この桜の時期をつかまえて
よくピンポイントでこられるなぁと。
よく聞く話が京都に住む人より、
他県から訪れる人の方が京都通で
観光スポットや神社仏閣の知識が深かったりします。

入り口.JPG


ま、こんな感じで宵の口に
なってくると明かりもついて
さらにええ感じになって来て
お茶屋の有料席なんかでは
宴会もはじまってなんかもします。
いつかこんな所で気の合う仲間で
宴席を持ってみたいものだけど、
独身の頃の身軽さもないので
しばしお預けかなと。


かみなり.JPG


ここで御参拝させてもらうわけなんですけど、
娘に何で二拝二拍手一拝(90℃の礼をて二回拝んで、二回拍手、90℃の礼をて一回拝む。)
すんのなんてきかれても無知な母は
それが決まり事だと適当な答え。


そうそう、この四角く垂らしてあるしめ縄と紙
英語でガイドをする話を横でちらりと聞いてたら
天の万象を表すもので四角は雷の様子を表す
なんて言ってはりました。なるへそ〜と。

舞台.JPG

この日はお琴の生演奏もあったようですが、
何時からどれくらいすんの?
とやはり外国の方が聞いてはりました。
宵の口の良い雰囲気に
お琴の野外演奏に
咲き誇る桜。
これぞ日本の思い出ではないでしょうか。
反対に自分の訪問した国で
その国の文化や自然に酔いしれるってあるかなと。。。


境内にはねこもしゃくしも
携帯パシャリ、デジ一眼(三脚付)
もかなりの数で団体さん撮影会風なんをしてはりました。
あたくしもカメラで撮るのは好きなんで
大きな声では言えないですけど、
どうもあの三脚をつけてベストショットを待つ
団体様の前を通りすぎるのにどうも気を使うというか。
ひとりオオカミじゃあかんのかしら。
写真って人に教えられてするもん違うと思うし。

など生意気をはいて。

ぴいたとさくら.JPG

京都を旅する犬ぴーたんの1枚です。
彼なりに気をつかった夜桜でしょうか。


わりと庶民的な雰囲気のする
平野神社へお運びくださいませ。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

はじめて無計画 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます